12xHolland homepage in Nederlands to 12xHolland homepage in Japanese

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

平戸

組織

コンタクト

リンク



日記:8月1日ー15日

2000年8月1日
12xおらんだの8月の参加者が船にて平戸港に到着する。メンバーは画家のエムク・バウテラー(15歳の息子オラフと13歳の息子ロンバウトを同伴)、パーカッション奏者グレン・ハーン(イッチェ同伴)、リュート奏者ダービット・ヴァン・オーイエン(奥様のじゅんこさん同伴)、ソプラノ歌手メイレル・リッツよりなる。松浦史料博物館眺望亭にて歓迎会。日蘭交流400周年記念実行委員会会長、寺山さん歓迎の挨拶の後、それぞれのホストが紹介される。平戸水彩同好会の山下さん(エムクのホスト)、じゃがたらコーラスグループの山口さんと川口さん(メイレルのホスト)、あじさい大正琴グループの内野さん(ダービットのホスト)、川上さん(グレンのホスト)。

バス:松浦史料博物館にてオランダ語レッスン「旅行者のためのオランダ語」を行う。
クラース:「門」の完成式として餅撒きの行事を行う(紅白の餅を高く撒く)。大勢の市民が参加する。その後、クラースは平戸を出発する。

2000年8月2日
12xおらんだ8月の参加者が白浜平戸市長を訪問する。その後、ホストの方々とエムク、グレン、ダービット、メイレルとスケジュール調整のミーティングをする。電話でのスケジュール調整は毎日の日課となっている(皆、携帯電話を持っている)。

2000年8月3日
グレン:猶興館恋高等学校のブラスバンドのメンバーと自発的なパーカッション・ワークショップが行われる。夜は田平の権現太鼓グループのリハーサルにジャンベの演奏で参加する。

メイレル:初めての日本舞踊のレッスン。喜谷先生の指導。ゆかたを着せてもらい、長唄「花くらべ」を教わる。

2000年8月4日
メイレル&ダービット:田平教会にて1回目のコンサートを行う。プログラムは日本の曲とヨーロッパの曲の混合。100名程の人々が集まる。最後には地元の子供達とコールあざみのメンバーの方々と一緒に共演する。

グレン:サンロード商店街のお祭りにてストリート・パフォーマンスを行う。

2000年8月5日
今日と明日の2日間、平戸ハイヤ風人祭りが行われる。平戸港周辺にて様々なイベントが行われる。
エムク:「ニュー・ダッチ・ウォール」を描く木のパネルがオランダ商館跡に組まれる。エムクの指導の下、様々な参加者との共同作業で仕上げられる。
メイレル:喜谷先生による2回目の日舞レッスン。バス は様々な活動の通訳として活動している。
ダービット:平戸のあじさい大正琴グループとの交流。その後、交流広場からのFM長崎の生放送に出演。インタビューとリュートの演奏が行われる。

2000年8月6日
エムク:「ニュー・ダッチ・ウォール」壁画プロジェクトのオープニング・セレモニー。グレンのジャンベの伴奏でエムクの即興ダンスが披露され、最初のひと筆が入れられる。

平戸ハイヤ風人祭りの2日目。平戸港の周辺にて様々なイベントが行われる。エムク、メイレル、そしてイッチェが女性腕相撲大会に12xおらんだチームとして参加する。16チーム中4位となる。夜は港にて大花火大会が行われる。

2000年8月7日
エムク:強い日ざしの照りつける中、平戸水彩画同好会のメンバーの方々と一緒に「ニューダッチウォール」の製作に取り組む。通りがかりの様々な人々が作業を鑑賞に訪れる。また、オランダより持ってきたエムクの作品を額に入れる作業をする。親和銀行に展示予定。

ダービット:午前中、町田先生の指導で第一回目の三味線レッスン。夜は、お琴のアンサンブルに参加して共演を試みる。

2000年8月8日
メイレル:メイレル作の音楽劇「魔法の真珠」の第一回目のリハーサルを田助小学校のコーラス部の生徒さん20名とじゃがたらコーラスグループと行う。夜は生月島に移動し、生月町総合開発センターのコンサートホールにてダービット(リュート)と「鳥の歌コンサート」を行う。12xおらんだ発案者の町田さんもフルート演奏にて参加する。コンサートの後、一晩生月町の柿本さん宅にホームステイする。

ダービット:光の園老人ホームにてソロコンサートを行う。夜は生月町総合開発センターのコンサートホールにてメイレルと「鳥の歌コンサート」を行い、この晩は生月町の寺田さん宅にホームステイする。
エムク:平戸中学校の美術クラブの生徒さんたちと「ニューダッチウォール」の製作に取り組む。初めての書道レッスン(立石利一郎先生)。オランダから持ってきた作品を親和銀行のロビーに展示する。

グレン:二回目の権現太鼓との練習。
バス:最後のオランダ語レッスンを行う。

2000年8月9日
活動の裏方で、毎日のように様々な会議が行われている。今日は8月26日、27日の12xおらんだのコンサートデーの打ち合わせが、ホストその他関係者を集めて行われる。グレンは佐世保にコンガを購入に出かける。

ダービット:佐々町の大正琴グループとの交流会。
エムク:昨日の学生さんたちにさらに何名かの有志が加わり、ニューダッチウォールの製作に取り組む。夜は平戸水彩画同好会の方達を中心に絵画教室を行う。

2000年8月10日
エムク:平戸小学校の先生達を対象とした絵画ワークショップを行う。夜は田平(平戸大橋を渡ったところにある町)の子供達を対象に「オランダ」をテーマとした絵画教室を行う。
メイレル:ダービット(リュート)とともに老人ホーム「ひらんど」にてコンサートを行う。夜は地元のコーラス・グループじゃがたらの指導にあたる。
ダービット:老人ホームひらんどでのコンサートの後、夜は地元の音楽アンサンブル・ウインド・アゴーのリハーサルの指導にあたる。その後、田平のリュート奏者百枝さんがダービットのレッスンを受けに訪れる。
グレン:かどや先生による第一回目の尺八レッスン。

バス:短いセレモニーの後、たくさんの人々が見送る中、15時頃船にて(伝統的な方法)平戸港を出発する。8月中はバスは主に12xおらんだのプロジェクトの通訳として活躍した。

2000年8月11日
メイレル:田助小学校にて音楽劇「魔法の真珠」の2回目のリハーサルを行う。
グレン:第一回目のラテン・アフロパーカッション・ワークショップを行う。その後、亀岡神社の神楽グループの練習に参加、セッションをする。夜は権現太鼓グループとのリハーサルに参加する。

ダービット:鹿町中学校の生徒さんからのインタビューを受ける。夜は第一回目のギター・グループ・レッスンが行われる。12名の参加者がある。

2000年8月12日
グレン:喜谷先生指導で日本舞踊のレッスン。NCC 長崎文化放送がレッスンの様子を取材。メイレルと喜谷先生にインタビューをする。 NCC 長崎文化放送は9月2日放送の12xおらんだ特集を取材している。
グレン:港交流広場の12xおらんだステージにてミニコンサートを行う。400名あまりの観衆が集まる。アマゾン熱帯雨林の重要性についてもスピーチする。コンサートの後は8月中の土曜日恒例の花火大会が行われる。
エムク:平戸島の南、津吉町の日本科学ヒーリングセンターの壁絵製作を行う。

2000年8月13日
グレン:第二回目のラテン・アフロ・パーカッション・ワークショップ。今回は港交流広場の12xステージで行う。佐世保(車で1時間)のジャンベ・グループがワークショップに参加しに出かけてくる。その後夕方より、参加者も含めてうすか村の夏祭りに演奏に行く。

2000年8月14日
グレン:港交流広場の12xステージにて、ラテン・アフロ・パーカッション・ワークショップ。
ダービット:町田先生による三味線レッスン。三味線が気に入り、レッスン日の他の日もたびたび町田先生を訪れ、指導を受けている

2000年8月15日
エムク:立石利一郎先生宅にて書道レッスン。
グレン:早福町の夏祭りにてパフォーマンス。


他の期間の日記を見る
7月1日〜15日 | 7月16日〜31日 | 8月1日〜15日 | 8月16日〜31日
9月1日〜15日 | 9月16日〜30日 | 10月1日〜15日 | 10月16日〜31日
プロジェクトの準備経過 | 参加者個人の日記を読む ダービット(8月)


Copyright 2000-2011, Studio E, Amsterdam.
スタジオEの許可なしに、このホームページの資料を無断複製使用することを禁じます。使用希望の際は、ここをクリックして、スタジオEまで連絡してください。